Tuesday, August 22, 2017

650project


先日のリベット丸頭のかしめに続いて色々なテストを繰り返し、
強烈なエアーハンマーによるフラッシュリベッティングの可能性を見出してきた。




左がフラッシュリベッティング。かなり潰れたので結構良い感じかも。

右がラウンドでちょい失敗。
ラウンドリベットセットは、母材にニコちゃんマークが付いてしまうのでもう少し研究が必要。




こんな画像載せたリベットの記事なんて誰も喜ばないのは知っている。





Thursday, August 17, 2017

T100project

別体用フロントエンドアッシーをまた入手。
過渡期すぎる部品はあまりにもどがっこいい。
 
このシリーズの記事、4年振りに更新した。
4年前と今とだと、見える世界が全然違う。
良い意味でも悪い意味でも。
 
またぼちぼち始めるよ、コレ。
 
 

Monday, August 7, 2017

Lacing spokes 2

先日依頼された1958年TR6のリアホイールに続いて
フロントにもボラーニを組みました。

このハブのスポークパターンがちょいと特殊で、
このパターンのボラーニを探すのはハッキリ言って無理なんじゃなかと思っていたんだけども、
あまりにも幸運な事に、オーナーがこのパターンに近いリムをゲットすることに成功。

しかも、まさかの新品!

羨ましすぎる。


 スポーク穴は小さかったので、ドリルで少々大きくしました。
穴径は少しずつ慎重に大きくしていったので、40穴X3回コースです。

その後、スポークを組み、
振れ取りと、リムのオフセット量を確認しながらニップルにトルクをかけていく。

最後に40個のニップルはすべてトルク管理をして終了。



入れ替え完了!

どがっこいい。

このシングルリーディングの58年純正フルハブにボラーニを組むなんて
あまりにもハイセンスすぎて脱帽を禁じ得ない。

ここまでくると、2リーディングや大径ダブルパネル、
ディスクブレーキなんかはもはや時代遅れではないかと思ってしまうのです。

(終)

Tuesday, August 1, 2017

650project

去年の10月に、鉄丸ソリッドのリベットのカシメがうまく行かず、
どうすれば簡単にリベットをかしめられるかを、実は水面下でずっと考えていた。

カシメる側も丸頭にしたかったので、随分悩んだ。

リベット”風”な事もダサいのでしたくない。

ハンマーで打つ事も地面が割れて家が揺れるのでNG。

エアーリベッターも同じ。打撃系はNG。

そしてついに解決策を見出し、ほぼ無音状態で、しかも冷間で、
6mmの鉄ソリッドリベットを丸頭でカシメる事に成功した。 

Thursday, July 13, 2017

TR5T-その後22


 TR5Tの整備をして3年目、エンジンOHから2年目の暑い夏を迎えようとしています。
今回は各部点検と整備です。




Saturday, July 8, 2017

Lacing spokes


リム界の金字塔BorraniのHリム。

どがっこいい。

鉄リムからの入れ替え作業終了。